プレスリリース

海外の“絶景・秘境の旅”を開拓「Grande(グランデ)」は本年25周年を迎えました


2017年03月24日(金)【第16-16号】

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:戸川和良)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)では、中南米・アフリカ・アジア・中東・欧州などの未知なる「絶景」や「秘境」へご案内する海外ツアーのブランド「Grande(グランデ)」が、本年に25周年を迎えました。

「Grande(グランデ)」とはスペイン語で『雄大な』『広大な』を意味し、『未だ見ぬ世界へお客様をお連れしたい』『お客様と一緒に新たな世界を探しに行きたい』という気持ちが込められています。インスタグラムやフェイスブックなどSNSの広がりで昨今は「絶景」「秘境」がブームとなり身近になっていますが、クラブツーリズムでは四半世紀前から、個人旅行では行きづらい地域を開拓し、ツアーを企画してきました。たとえば、アフリカ大陸の果ての南アフリカ共和国へは旅行会社として最も多くお客様を送客しており、南アフリカ観光局より2009年から7年連続でベストセールス賞を受賞しています。また、シルクロードの真珠と謳われている中央アジアのウズベキスタン共和国には2009年以降、4,000名を超えるお客様をご案内しました。そのほか、湖面が水鏡のように反射し奇跡の絶景として一躍有名になった南米ボリビアのウユニ塩湖には、ブームに先駆けツアーを企画し、2011年以降1,500名を超えるお客様にご参加いただいています。

25周年を記念し、特別感のある新コースや一度行った国でも再訪したくなるようなこだわりのツアーなど、「グランデ25周年記念企画」を一年間通して、多数ご用意しています。たとえば、南米大陸 7カ国の世界遺産11箇所を22日間でめぐる『南米の秘境をめぐる大冒険22日間』(旅行代金:168万~186万円)や、ヒンズー教と胡椒貿易で栄えた南インドを8日間でめぐる『癒しの楽園南インド8日間』(旅行代金:12万5000円~18万円)など、大陸を横断するような長期行程であったり、一国の中でさらに地域を絞り込み魅力を深堀するような、旅慣れたお客様にも興味をもっていただけるようなツアーを企画しています。

秘境地域は、ほかの地域に比べリスクが高く、安定的な販売が見込みづらい面がある中、「Grande(グランデ)」を企画・販売する当社の海外SIT旅行センター(*)は、成長を続けています。それは秘境地域の初心者からリピーターの方まで選んでいただけるよう、商品バリエーションが豊富であることと、新しい地域でのツアーの開発にチャレンジし続けているからと認識しています。「Grande(グランデ)」のほかにも、歴史や文化・自然に精通したエキスパートがご案内する「ナショナルジオグラフィック」、徹底したベストシーズン主義と少人数主義をポリシーとする「世界の笑顔に出会う旅」など、お客様の希望に沿えるよう、幅広い商品をご用意しています。

*海外SIT旅行センターは、4月1日より「海外テーマ旅行センター」に名称変更します

【問合せ】 クラブツーリズム株式会社 海外SIT旅行センター

 電話:03-5323-5700(月~土曜日 9:15~17:30/日曜・祝日 9:15~13:00)

( 検索⇒ クラブツーリズム グランデ)

 

PDF版はこちらよりご覧いただけます


◆報道関係のお問合せ先
クラブツーリズム株式会社 広報担当:五十嵐 雅之、横畠 麻実、青木 之
TEL:03-5323-6875 (月~金 9:15~17:30・土日祝除く) FAX:03-3342-4445 E-Mail:ctpr@club-tourism.co.jp