プレスリリース

40代以上の男女に聞いた「おひとりさま」の過ごし方調査 ~11月11日は「ひとり旅の日」 ~


2018年11月06日(火)【第18-25号】

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山隆司)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)は、40代~60代の男女(4963名、うち「ひとり旅」経験者400名)を対象に、「おひとりさま」の過ごし方をテーマにした意識調査を実施しました。

クラブツーリズムでは、ツアー参加者全員が“おひとりさま”である当社の「ひとり旅」が本年発売21年目を迎えることから、11月11日を「ひとり旅の日」と本年制定(一般社団法人日本記念日協会登録済)し、人気の高まる「ひとり旅」のPRを目的に本調査を実施しました。調査の一部は「旅」に限定せず、「おひとりさま」の行動形態に着目し実施しました。

※クラブツーリズムでは「趣味など自分の好きなことに時間を費やせる」ことは、「人生の満足度が高い」ことであり

すなわち「QOL(クオリティオブライフ)が高い」と考えます。

<調査結果の概要>

■「ひとり時間の充実」と「QOL(クオリティオブライフ)」は相関関係にある

 「自分の好きなこと・やりたいことができる時間がここ5年で増えた」 あてはまる人が44.7%

(ひとり旅経験者では、53.8%)

「自分ひとりの時間を充実させたい」 あてはまる人が55.1%(ひとり旅経験者では、65.8%)

■「ひとり旅」経験者は、QOLが高い人が多く、より「ひとり時間」を大切にしている

■「ひとりでしたいこと」で「国内旅行」5位

 1位は「パソコン・インターネット」で4位まではおこもり系、

  僅差でアクティブ系の「国内旅行」「スポーツ」などが続く。

 ひとりですることに対してハードルの低い順にランクイン。

■「ひとり旅」で得られる価値感は、男女の違いが顕著

・男性は「旅先での新たな出会い」

・女性は「自信をつける」「自分を変える」

■「ひとり旅」の懸念は「旅行の費用」「ハプニングが起きた時に対処が難しい」

■クラブツーリズムの女性限定「ひとり旅」をしたい人は7割 

 

※調査詳細はプレスリリースPDF版をご覧ください

 

 

PDF版はこちら


◆報道関係のお問合せ先
クラブツーリズム株式会社 広報担当:稲葉 直彦、佐久間 直子、青木 之
TEL:03-5323-6875 (月~金 9:15~17:30・土日祝除く) FAX:03-3342-4445 E-Mail:ctpr@club-tourism.co.jp